CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    Dream Machine
    0

      Gregory and the Hawk 『LECHE』 2010


      グレゴリー&ザ・ホークの新譜です。

      グレゴリー&ザ・ホークが好きというよりも
      メレディス・ゴドルーが好きなので
      実は彼女の弾き語りぐらいが丁度良いのです。

      前作よりは音数が少し減ったのかな、という印象ですが
      アダム・ピアーズの演奏も正直無い方がしっくりきますね。

      メレディスは歌声がとても美しいので
      個人的にはローズ・メルバーグのソロ作のような
      シンプルで可憐で軽やかでメランコリックな作品を作ってほしいです。

      本作のラストにひっそり納められた「Dream Machine」
      これくらいデモ感がある雰囲気がいいのです。

      | POPS | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      Remember?
      0

        Rumer 『Remember』 2007


        以前に紹介をしたRumer and Denials
        ソフト・サイケデリアに包まれた
        あまりに素晴らしい7インチを残して
        その後、まったく活動が不明でしたが
        ヴォーカルのRumerがソロでワーナー/アトランティックに移籍することに。

        早速、聴くことができましたがすこし残念・・・
        まったく悪いというわけではありません
        (これはこれで良いです)
        メジャーということでがっちり固められたプロダクションになっており
        インディーで聴けた独特の浮遊感はまったく無くなっていました。
        ただヴォーカリストとしてはとても才能のある人なので
        ローラ・ニーロのようなソウル・ミュージックも
        バカラックのようなポップ・ミュージックもしっかり歌えることが出来ます。

        こちらは07年のクリスマス・シングルです
        この浮遊感が好きだった。

        | POPS | 10:16 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
        ファニー・ウォーキン
        0

          佐藤奈々子 『Funny Walkin'』 1977


          この前、ボルヘス氏ともいわゆる“和モノ”の話で盛り上がったのですが
          なんだか自分にとってのある意味“リアルタイム”がこういうものではないかと。
          そういう意味では、ティンパン関連も90年代の音楽でした
          再発されるCDやレコードも自分にとっては全て新譜、
          過去に録音された作品ではありますが新しかったです。
          もちろん、和モノに限らず、当時聴いていた音楽は全てですけど・・・。

          高校生の時に雑誌「モア・ベター」でミュージシャンやライターの人たちが
          日本の音楽を選盤するという企画も何度も覚えるくらい読みました。
          ちょうどQ盤でたくさん再発もされましたね
          たしか佐藤奈々子もその流れだったような気がします。

          大野雄二のアレンジが最高です。

          | POPS | 10:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          ルビーズ
          0

            Rubies 『Explode From the Center』 2007


            まさに現代のマリン・ガールズともいえる
            ネオ・ネオアコなグループ、ルビーズ。

            音楽を始めたきっかけが
            ゾンビーズやフリーデザインを聴いたという
            エピソードだけでも素敵なのですが
            キングス・オブ・コンビニエンスやファイストとも
            ピープル・ツリーが広がるのも素晴らしい。

            こちらは2枚組で
            中でもデモ・トラックに収録された
            フェイク・メロウ・ソウルの「Signs of Love」が秋空に心地よい
            そう、ファイストの「Secret Love」のようなメランコリー。

            モッキーによるアコースティック・ヴァージョン、こちらも最高です。

            | POPS | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            Tonight You Belong To Me
            0

              Trash Can Sinatras 『Cake』 1990


              トラキャンはセカンドもサードも大好きですけど
              最近はこのファーストをよく聴いています。

              こちらは再発CDなので
              ボーナス・トラックで「Tonight You Belong To Me」が収録されています。

              | POPS | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              << | 2/8PAGES | >>