CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    アルペジオ
    0
      SYD MATTERS 『GHOST DAYS』2008


      フランスのシンガーソングライターです
      2〜3年前に出した作品もなかなか良かったのですが
      最近出したこの一枚は抜群に良かったです。

      昔でいうニック・ドレイク「PINK MOON」
      途中でいうベン・ワット「NORTH MARINE DRIVE」
      今で言うホセ・ゴンザレス「IN OUR NATURE」
      それにフレンチらしいアンニュイ感というか
      ピエール・バルーのボサノヴァがジョアン・ジルベルトとは明らかに違う質感のような
      初期のベンジャミン・ビオレーのような雰囲気もあります。

      ジャケット写真のような
      ぼやけた夢と不思議の感覚
      ソフト・サイケデリックとアルペジオ
      真夜中に静かに聴きたい一枚。
      | FRENCH | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      イデー
      0
        JOACHIN JANNIN 『JJ』2008


        イデーのレーベルからの新譜ですが
        これがかなり素晴らしいフレンチ・ボッサ
        ピエール・バルーにマルコス・ヴァーリとクレプスキュールのエッセンスを加えたような
        夢見心地の一枚。

        まるでお洒落なフランス映画のような女性コーラスや
        ワルツ、スウィング、ボサノヴァと幸せいっぱいのサウンドは
        春の日差し浴びながら聴きたい感じです。

        ちなみにイデーは前作のデリカデッセンの作品も心地良いボサノヴァの作品でした。

        | FRENCH | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ケレンアン
        0
          KEREN ANN 『NOT GOING ANYWHERE』2003


          ケレン・アンです
          やっぱりこの2003年の英語録音ではないでしょうか?
          一曲目から涙腺が緩むくらい切ない感が大好きです。
          70年代のフランソワーズ・アルディの影響は免れないけれど
          彼女の繊細というか消えて無くなっていく様な儚い様は
          個性的で好きですね。

          夢うつつな夜に聴きたい永遠の名曲「NOT GOING ANYWHERE」。
          | FRENCH | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          こどもレコ
          0
            OST 『SAMSONG』


            NOVEL CELL POEMという大好きなフランスのレーベルがありまして
            ジャズ、ラテン、ボサノヴァ、トイ・ミュージックなどを
            可愛い子どもの歌声を乗せて素敵な作品をたくさん出しています。

            上のレコードはフランスの子ども向けテレビのサントラですが
            NOVEL CELL POEMの作品の元祖ともいえる内容。

            ジャケットのまんま
            子ども達とギターを抱えたおじさんが
            楽しげに歌ってます。

            サウンドは移動遊園地系ホリデー・ミュージック。

            フランスならではの可愛い子どもレコードですが
            聴くというよりは持っていて嬉しいレコード・・・。
            | FRENCH | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            チルドレン
            0
              KARINE ET REBECCA 『KARINE ET REBECCA』


              これはもうジャケットからして最高です
              フランス版パティエンス&プルーデンスという感じで可愛いレコードです。

              彼女たちの7インチもよく見かけるのですが
              お値段高くて集めるのが大変です
              このアルバムも中々見ないのですが最近、安く見つけました。

              歌もたどたどしくて音程も外れているけどOKです。
              | FRENCH | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              << | 2/4PAGES | >>