CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    bar buenos aires
    0
      Antonio Farao / Woman's Perfume 2008


      昨日は仕事納めで、
      今日はオーディオ納め。
      ということで、リーダーと一緒に
      御徒町でヴィンテージ専門店で「LUXMAN」。
      秋葉原のヨドバシで「HERBETH」「SPENDOR」「UNISON RESERCH」、
      そして今一番欲しいDENONのCDPを再度音確認。
      御茶ノ水では残念ながら欲しかったCDは売り切れでしたが、
      元仕事仲間の元気そうな顔も見れてよかった。
      最後は新宿で「Macintosh」「TANNOY」で至福の時を過ごしました。

      2012年も良いオーディオ年になりそうです。

      アントニオ・ファラオの美しき名作は
      リファレンスCDとして大活躍でした。
      もちろんbbaのHPでも紹介しています。


      | その他 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      ダイアナ・パントン
      0

        Diana Panton / Yesterday Perhaps 2011


        たびたび紹介をしているジャズ・ヴォーカリスト、
        ダイアナ・パントンの入手困難だったファースト・アルバムが
        めでたくMUZAKより再発されました。

        恐縮にもライナー・ノーツを書かせて頂きました。
        (解説とはいえないラヴレターのような内容ですが・・・)

        相変わらずというか、
        この方はデビュー時からまったく変わらず可憐な歌声を聞かせてくれます。
        もちろんバックの演奏もとてもつつましく素晴らしいです。
        “特別な温度”を持っている作品ですね。

        | JAZZ | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
        ウェブ・ダカーポ
        0
          Innocence Mission / Now The Day Is Over 2004


          マガジンハウスのHP「web dacapo」に
          毎月、「Another Quiet Corner」と題して音楽コラムを書いております。
          ぜひ、覗いてみてください。
          | その他 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          バー・ブエノスアイレス
          0
            Mario Yaniquini / Algo Asi 

            選曲会bar buenos aires情報です。

            2012年1月11日(水)
            20:00〜23:00
            選曲:吉本宏 山本勇樹 河野洋志
            場所:SARAVAH東京
            料金:サラヴァ東京レギュラーチャージ1000円

            詳しくはコチラをご覧下さい。

            カルロス・アギーレと宇宙でつながる
            美しい音楽をお供に
            美味しいお酒やお料理をお楽しみ頂けます。
            ぜひ、お気軽にお越し下さいませ。

            | その他 | 23:03 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
            Autumn Defence
            0
              Autumn Defence / Autumn Defence 2007

              ウィルコのメンバーによる別プロジェクトです。
              ウィルコよりさらにレイドバックして、
              さらにモダンにしたようなサウンドです。

              SSWやソフトロックの現代解釈ような、
              アルゾ&ユーディンを思い出しました。
              なかなかの傑作です。
              ほかの作品も聴いてみようと思います。

              あとウィルコの新作、買ってから全然聴いていません。
              1曲、好みの楽曲はありました、
              もう一度聴いてみます・・・。
              | POPS | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              << | 2/103PAGES | >>