CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
<< BOOZOO BAJOU | main | WAVE >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    マーク・ホリス
    0

      Mark Hollis 『Mark Hollis』 1998


      トーク・トークのヴォーカリスト/ギタリストのマーク・ホリスのソロです。
      といっても自分はこの辺りの音楽には詳しくありません。
      リアルタイムでも聴いていませんね。
      (パンチョさんクラシックスでしょう、今度くわしく教えて下さい。)

      でも、とても好きな世界観ですね
      滋味深くて、穏やかでどこか壊れそうな“もろさ”も感じます。
      そして緻密なサウンド・メイキングも素晴らしい。
      ジャズとエスニックなリズムを取り入れて
      ECMやノンサッチ的なワールド・ミュージック・センスもあります。
      カエターノやアート・リンゼイあたりの共通点もあるのでは?

      | ROCK | 15:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:22 | - | - | pookmark |
        コメント
        talk talkはもともとデュラン・デュラン的な耽美派アイドルエレポップバンドとしてスタートし、86年の3rd『Color of Spring』で大きく音楽性をシフトチェンジ。当時MTVで見た大好きだったTim Pope監督のPV 『Life's What You Make It』 (http://www.youtube.com/watch?v=mXsmyLtpxlA) を見て迷わずLPを購入したのでした。思えばDavid SylvianとTalkTalkは今の自分のインな人格形成に大きな影響を与えた大きな存在です。

        このあたりは完全な個人趣味の世界なので、なかなか万人には勧めづらいのも事実なんです。

        フロントマンのMark Hollisソロは音響派が隆盛を極めた時期、Jim O'rourke先生が推薦していましたね。その流れで買った人はさぞがっかりしたんでしょうね。

        密かに新作を待ち望んでいます。
        | cheeske | 2011/07/30 2:11 AM |
        こんばんは。pasareroです。

        マーク ホリスの世界観、僕も大好きです。
        パンチョさん、とても勉強になります。

        kitocoさん、今回のクワイエット コーナーもとても良かったです !
        僕は毎回クワイエット コーナーを探しての所を楽しみにしているのですが、
        今回は特に大好きなCDがたくさん載ってたので、嬉しかったです !

        あの、空気感というか、世界観が大好きなのです !

        Lesser Gonzalez Alvarez も届きました !
        凄く良かったです。有り難うございました !

        今日は Manuel Ochoa / en Piano を聴いて寝ます。
        | pasarero | 2011/07/31 11:09 PM |
        pasareroさん
        いつもコメントありがとうございます!
        パンチョさんのリアルタイム・トークはおもしろいですね。

        私はマーク・ホリスの場合は
        やっぱり00年代のカエターノとか、
        そういう体験ががるから
        すんなり入れるというか
        フラットな耳で聴くことができますね。

        Quiet Cornerのフリペのご感想もありがとうございます。
        そういうダイレクトなご意見を聞けることが少ないので
        本当に嬉しいです!

        Manuel Ochoaは子どもジャケの方ですか?
        ピアノの音色が透明感があってキレイですよね。
        久しぶりに聴きたくなりました。
        | kitoco* | 2011/08/01 12:18 AM |
        pasareroさん

        こんばんは!
        こちらこそいつも勉強になります。

        MDR無き今、en Pianoシリーズも手に入りにくいでしょうか?

        Mark Hollisは「家族と過ごす時間を大切にしたい」とこの唯一のソロを残して音楽業界から足を洗ってしまったようですね。

        その冷徹な世界観は僕にとってはカネフスキーやタルコフスキー、キェシロフスキ(東欧ばかりですね・・・)の映画を見るのと同じような体験なのです。寒い国の持つ肌に突き刺さるような静謐なリアリティ。

        また遊びに伺います!
        | cheeske | 2011/08/01 10:21 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://vila-kitoco.jugem.jp/trackback/500
        トラックバック