CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
<< ダニエル・サフレカ | main | ニューヨークの想い >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    ロバート・バーン
    0
      Robert Byrne 『Blame It On The Night』 1979


      昨日の続きで再発シリーズです(コチラは10/27発売)、AORの名盤ですね。

      大学生の頃、金沢寿和さんのディスクガイドを読んでAORをたくさん買っていた時に特に好きだった作品です。
      79年ということでサウンド・アレンジによっては好みの分かれる所ではありますが
      一曲目を除いて、全編に渡って心地良いメロウ・フローターな楽曲が並びます。
      個人的にはこの範囲であればOKです。

      2000年にCD化され、その際は買わずにいましたが
      やっぱりCDでも持っていたいので今回は買おうかと思います。

      | AOR | 10:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:43 | - | - | pookmark |
        コメント
        こんにちは、pasareroです。

        これも 再発するんですね。
        僕もCD買おうかな、、、
        マイケル ディーコン 2ndは予約したんですが (笑)
        CDで買い直す そんなサイクルばかりですね (笑)

        ロバート バーンもそうですが
        ↓ のダニエル サフレカもまさに青春ですね (笑)
        昔、日本盤 (安かったなあ〜) を買ってとても嬉しかったなあ〜

        今日のBGM Lovely Standards / Amel Larrieux

        秋になると、なぜか聴きたくなります。
        しっとり Jazzでなかなかですね。
        最近は僕の中でしっとりJazzブームみたいです (笑)

        蒼のキューバ試聴しました ! 良いですね !



        | | 2010/09/20 2:10 PM |
        pasareroさん

        毎度コメントありがとうございます。

        アナログで持っていてもCDで買ってしまいすよね(笑)
        特にフェイヴァリットな作品ならなおさらです。

        今日のBGM Lovely Standards / Amel Larrieux
        ⇒なんと偶然、実は私もこれをブログに載せようかなぁと
        思っていたところなんですよ!
        いいですよね、彼女の歌声、大好きなんですよ。
        アルバムもいい意味で軽いんですよね、
        さらりと聴くにはぴったりですね。
        | kitoco* | 2010/09/20 9:42 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://vila-kitoco.jugem.jp/trackback/384
        トラックバック