CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
<< ネオ・バーバンク | main | 素晴らしきメランコリーの世界 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    終焉
    0
      DONALD FAGEN 『MORPH THE CAT』 2006


      最近はこのドナルド・フェイゲンの06年作ばかり聴いています。
      良い曲がたくさん入っています。
      というか、なんだかこの作品が一番染みるんですよね。
      「THE NIGHT BELONGS TO MONA 」とか最高過ぎます。
      夜深くに聴いていると涙が出そうになります。
      フェイゲン曰く“終焉の作品”・・・特に歌詞を読むとわかります。
      極上のサウンドの裏には悲しい物語があるのです。

      | AOR | 00:18 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:18 | - | - | pookmark |
        コメント
        「僕は根本的には人間関係が苦手で、それが上手くいかなくなると音楽に逃げていたんだと思う。長いこと、僕はクリスマスにも仕事をしていた。クリスマスは退屈だから、仕事をしようぜ、という感じでね。病気だったんだよ、心の病」「”ナイトフライ”を作った後、僕には何の音楽も残っていなかったのさ。だって音楽を生み出す糧となる人生ってものが無かったんだから。だから僕は次の音楽を書く前に人生を捕まえ、それを生きる必要があったというわけさ」(カマキリアド発表時のインタビューより)・・・・他人事とは思えない,こんなにも不器用な男の作る音楽を愛さずにはいられませんね。
        | cheeske | 2009/12/14 12:59 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://vila-kitoco.jugem.jp/trackback/307
        トラックバック