CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
LUXMAN
                      
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    DOCES CARIOCAS来日!
    0

      DOCES CARIOCAS 『DOCES CARIOCAS』 2009


      PIERRE ADERNE 『ALTO MAR』 2007


      以前にも、紹介をしたことのあるドーシス・カリオカスが4月に来日を行うそうです。
      <詳しくはコチラ>
      私は、山形でのライブに行く予定です。
      桜景色のお寺で行われるそうなので、今から楽しみです。

      ドーシス・カリオカスはピエール・アデルニとアレクシア・ボンテンポを中心としたユニットです。
      上は、その国内盤です。
      その内容は、とにかく素晴らしいこと間違いないので是非、聴いて頂ければと思います。

      その下はピエール・アデルニの2007年のソロ作ですが
      これが素晴らしいアコースティックMPB!
      ブラジル音楽というよりは、
      私の中では良質なシンガー・ソングライターの作品として位置づけています。
      メロディアスですが、少し内省的なところも良いですね。
      そうえいば、マラニャオみたいですね。






      | SAMBA | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      真夜中のサンバ
      0
        DOCES CARIOCAS『DOCES CARIOCAS』2008


        先日、ブラジルの女性シンガーのアレクシア・ボンテンポを紹介しましたが
        とにかく素晴らしい内容で興奮しましたが
        さらに追い討ちを掛けるようにこんな作品が出ました。

        アレクシア・ボンテンポとその夫ピエール・アデルニのユニット、“ドーシス・カリオカス”です。
        これがまた素晴らしすぎる内容でした。
        アレクシアのメロウなMPBサウンドとは打って変わってシンプルなアコースティック・サンバです。
        といっても非常に洗練されたメロディとアレンジ
        オルケストラ・インペリアルをさらに心地良くリラックスさせたような印象。

        これからのブラジル音楽シーンは間違いなく彼ら中心となるだろうと確信した一枚。
        | SAMBA | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        春のサンバ
        0
          MARIA RITA 『SAMBA MEU』2007


          天気予報によると
          明日は朝から雨になり
          昼間から晴れて虹が見れるそうです。

          そういえば虹なんて最近見ていない
          残念ながら見れそうにない・・・。

          マリア・ヒタの心地良いサンバのアルバムは
          雨上がりに虹のように
          幸福感に満ちた素晴らしい一枚
          沢山の人が聴いたかもしれない
          でももっと沢山の人に聴いて欲しい。
          | SAMBA | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          春はシンプルなサンバを聴きたい
          0
            MOACYR LUZ & AMANDO MARCAL 『SEM COMPROMISSO』2008


            作曲家モアシール・ルスによる一枚
            最小限に抑えた歌とギター
            そしてアルマンドのパーカッションがとにかく素晴らしい色をつけてくれる
            ジョアン・ジルベルト『三月の水』を彷彿させる美しきシンプルな完成系。

            静かにただ奏でるそのスタイルに惚れます。
            | SAMBA | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            総勢19人によるサンバ
            0
              ORQUESTRA IMPERIAL 『CARNAVAL SO ANO QUE VEM』2008


              モレーノ・ヴェローゾ、ドメニコ、カシンを中心とした総勢19人によるプロジェクト
              現在進行形MPBという括りだとしたら
              これほど充実した作品はないでしょう。

              昨年のマリア・ヒタのアルバムも聴いて感じたのですが
              原点回帰な印象が強いんですが
              とても新鮮で瑞々しい
              音楽を聴く喜びに浸れる。
              | SAMBA | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              | 1/4PAGES | >>